読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TAKE BACK THE HEA(R)T

A Layer under the Layer

『南極料理人』の「ごっこ遊び」

 

南極料理人』がテレ東でやっていた。

 


あれは「南極という極限状況に置かれたおじさん達の面白い生態」を映していると見せかけた「南極という極限状況に置かれてわかる(ジャンクフードを含めた)日常の食卓の有り難み」を映してるし、冷食やチェーン店で食には困らない我々にそう説いている。

 

 

所属の違う8人が次第に家族のように打ち解けていく…ように描写されているが、家族のような振る舞いも、学生のような馬鹿騒ぎも、正装でフレンチを楽しむのも、色んな役を代わる代わる演じるのを楽しむ「ごっこ遊び」をしているようにも映った。南極の外ではおじさん(と兄ちゃん)達が南極から帰ってきた後も共にし続ける家族や恋人(破局してたけど)がいる。お互いに寂しい思いをしているおじさん達が、南極の1年間をしのぐ為の策だったのかもしれない。

 

 

 

堺雅人と糸井さんが『南極料理人』について話してる記事がある。

ほぼ日刊イトイ新聞 - 堺雅人さんと、満腹ごはん。

 

 

 

一般的に面白くする為になされる演出をことごとく排除していることへの良さ、というのはまったくもって同意見だ。それでいて無味乾燥というわけではなく全編通してずっと面白い。突っ込みをいれたくなる箇所はそれはそれはたくさん仕込まれているわけであるが、そこに「ほらここだよ!笑って!」という演出は入ってない。失恋して基地を飛び出した高良健吾の涙の跡がすぐ凍っちゃう所とか。

 

 

 

ちょうどこの後に録った「笑ってはいけない科学博士」を見てると尚更そう思ってしまう。「今年の5人は科学博士になる!」とナレーションが入って画面になぜかバーテンダー姿の5人の写真が使われている場面がある。それがなぜなのかはまったくもってわからないが、妙に引っかかるポイントである、と思った束の間、スタジオの5人の中の誰かがそれに大声で突っ込む。視聴者が能動的に突っ込みどころを探す番組ではないのだ。視聴者にはただ笑う(か、笑わないよう堪える)ことを求められるだけだ。

 

 

それがない『南極料理人』という映画は、ずっと前から気に入っている。

 

 

そして記事では案の定、糸井さんは野球に例えてる。

---
で、どこっていう何かを絶対してないですよね。
南極料理人』の役者たちには
この監督の野球をしよう、みたいなところが
ありましたね。

---